コンデジの分解とポタリング

前回写真を撮った時に気がついた 写真の右上に写る黒い影
影が写らないようにコンデジを分解して清掃してみた。

愛用しているカシオ EX-Z550
8年前のコンデジの為、メーカー保証はもちろん無く、部品保持期限も過ぎていて
メーカーでは有償修理すら受け付けてもらえません。
カメラの修理専門業者に頼むとこれだけで約1万円~とお高い

という事で分解
外装ケースを外し、中身を裏返すとそこにイメージセンサーだけを取り外せるように出来ています。
大体こういうタイプのコンデジはどのメーカーも同じような作りしてるっぽいですね
DZ2_0r7U0AA-Gb5.jpg

ネジ3本外してそっとイメージセンサーを取り出す
CIMG1972.jpg

そこにホコリが付着して、それが黒い影として写っていたようです。
エアダスターで軽くホコリを吹き飛ばして組み直し
そして試し撮りにポタリング

もうこの日で桜は見納めモードですね。
DZ1qmPMVwAAXj71.jpg

DZ1qoMjVoAA68Ti.jpg

DZ1qsccVQAAXZJ1.jpg

DZ1qyjjV4AAsiuB.jpg

DaEXifjU0AA0qWl.jpg


コンデジのセンサー部分のホコリ
何故付いたかと言うと、外側からレンズや筒をエアダスターで吹いたら
そのホコリが内部に入ってしまいました。
こういう事多いらしいですよ
エアダスターで強烈に外装のレンズや筒を吹くのタブーだったなんて知りませんでした。

何にせよ、無事内部のホコリを取り除く事が出来てよかったです。
イメージセンサーにホコリの跡やしつこい汚れがある場合は
カメラメーカーから出している デジイチ用のイメージセンサークリーニングキットなんかを使えばいいみたいです
約3,000円位するらしいですけどね。



スポンサーサイト

Comment

Name - アディ  

Title - 

ズームレンズ系のコンデジは結構容易にゴミが入り込むようですね…
そう考えると、イメージセンサーを含めて小さなユニット化したスマホカメラはなかなか耐久性もありそうです
ダブルレンズ(センサー)が広まった中、Huaweiからトリプルレンズ(センサー)のスマホなんかも出るそうで、レタッチやSNS添付の容易さも含めて、画質面でも写真撮りの主流となってしまいそうです(^_^;)
実際にデジカメはハイエンド機ばかりになってきましたし(*_*)

2018.04.07 Sat 19:45
Edit | Reply |  

Name - 華見団子  

Title - To アディさん

今のコンデジのエントリーモデルを購入するなら、スマホカメラの方が性能は良い気がします。
最近のエントリーモデルのコンデジをちょっと前に入手しましたが、あまりにもダメダメな写りでさっさと手放して今使っている8年前モデルのコンデジを入手しました。
古い方が写りも機能も良いというオチになってしまいました。
最近のは画素数とズームの倍数ばかり増えて肝心な機能と写りがイマイチなのばかりですね
コストダウンの影響とスマホカメラの影響でエントリーモデルに力を入れるだけ無駄になってしまってるんだと思います。

2018.04.07 Sat 20:43
Edit | Reply |  

Add your comment