OGK ZENARD(OGK ゼナード) コクーレッド XS/Sを購入してみた。

By華見団子

長年使っているOGKレジモス(2011物)のがそろそろ寿命を迎えそうなので
OGK ZENARDを購入してみました。
レジモスは再塗装までして使っていたけど、ヘルメットの外装部分と発泡スチロール部分との隙間が所々出来てきて
発泡スチロールが経年劣化で痩せてきたのが分かるくらいになってきた。

ゼナードのカラーはかなり悩みましたね。
最終的にコクーレッドにするかパワーマットレッドにするか凄く迷った。
結果、自分の2016 NOAHにはコクーレッドの方が合いそうなのでこちらを
以前乗ってたNOAH RSだったら迷わずパワーマットレッドに行ってた。

アイウェアのOGK101を探していた時に、実店舗でゼナードのS/Mを試着したら大きく感じて、こりゃ買うならXS/Sだなと判断
XS/Sなんてサイズはまず田舎の実店舗では扱っていないので、
通販で在庫があるところからポチッと。
OGKの商品て小さいのから廃盤になっていくんですよね。まぁ小さいのは売れないからあまり生産しないんでしょうけど。
もちろんこのコクーレッドも生産終了品。 ましてやXS/Sサイズなんて残っているお店が殆ど無い。
ゼナード自体OGKのHPではリミテッドモデルの表示があるので、既に生産終了していて在庫分だけなんじゃないかと思います。
MOSTRO-Rのラックレッド時に欲しい思ったときにはどこにも在庫が無くて残念無念になったので、
今回は在庫がまだ極少数だけどあったので手に入れました。
サイクル用品は本当に一期一会な物ばかり。
あの時MOSTRO-Rが無くて今ゼナードのコクーレッドに巡り会えたので結果良しです。
ゼナードが廃盤になって次期モデルがまた気に入らない形のヘルメットだったら嫌ですし。

CIMG7355.jpg

CIMG7353.jpg

CIMG7350.jpg

CIMG7351.jpg

CIMG7371.jpg

CIMG7356.jpg

レジモスとの比較
レジモスはS/M ゼナードはXS/S
ゼナードの方がXS/Sな分小ぶりです。 そしてかなり軽い。
CIMG7348.jpg

CIMG7349.jpg

XS/Sサイズはちょっと不安がありましたが、見事に頭にピッタリ
レジモスのS/Mではヘルメットがすっぽり深くなりすぎて、アイウェアとヘルメットが干渉してカツカツ鳴ることが度々ありましたが、
このゼナードのXS/Sはアイウェアとヘルメットのクリアランスが見事に良い感じに出来て当たる要素が無い!
ただ、レジモスの方が後頭部を深く後ろ首元の方で締めることが出来たので、ゼナードは若干浅いですね。
そして、ゼナードのXF-5アジャスターは耳上周辺がヘルメットに縁に沿うように出来ているので 耳上アジャスターの上にアイウェアの柄がかぶさる事がない!
これは良いですね。 ただ、その分レジモスの時は耳のすぐ上まですっぽりと深くアジャスターが来ていたので、慣れるまではちょっと浅く感じました。
X5.png

チンストラップはレジモスとゼナード 変わりないかと思いましたが、実物はちょっと違いますね。
ゼナードの方が、チンストラップの中空部分の目が荒い、そしてなんだかやたらとナイロン繊維?的なものがケバケバしていたので
ハサミでケバケバを除去しました。
これはレジモスのチンストラップの方が精度がいいですね。
ゼナードのストラップは耐久性どうなんでしょ? 経年劣化が怖そうですね
まぁ劣化する頃にはちょうど買い替え時と言うことなんでしょうけど。
レジモスの耐久度が凄すぎたというのもあるかも知れません。(赤部分の色は抜けましたけど)
ゼナードの赤いライン部分は紫外線でレジモスのように赤→ピンク→白となってしまうのかも不安な所。
色が抜けてしまったらまた再塗装ですね。今回のコクーレッドはレジモスのように複雑なカラーリングしてないのでマスキングが楽そうです。

OGKのヘルメットはこれで4つ目ですけど、どれももれなくインナーパッドを貼り付けるためのマジックテープ(オス)がいい加減な貼り方してますね。
貼るべきポイントから必ずと言ってズレてはみ出してる!
レジモスもゼナードもフラッグシップモデルなのに、それでもアッチャコッチャとマジックテープ(オス)がはみ出してます。
購入する度マジックテープ(オス)をうまく剥がして貼り直しています。

これ、改善して貰いたいですね。
何はともあれ
次、サイクリングに行く時が楽しみです✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
熱中症には気をつけないとね(๑•̀ㅂ•́)و✧
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply