まだ頑張れる10sスプロケ CS-6600ジュニアスプロケ23-25-27を流用してみた。

今まで使っていた
10sスプロケ
CS-7900 12-27T
組み合わせは
『12-13-14-15-16-17-19-21-24-27』

ロー側の『21-24-27』がどうにも使いにくかったので何か無いかと考えてみた
どうやらジュニアスプロケ16-27Tのロー側スプロケ
『23-25-27』が良い感じ

調べてみると、シマノスモールパーツで23-25-27T(品番Y1ZD98160)
はもう既に注文出来なく廃盤
だが
CS-6600 ジュニアスプロケ16-27Tも生産終了だけど、在庫のみで販売している所が数店舗ネットに存在していた。

在庫が無くなる前に注文
そして届いたCS-6600 16-27T
『16-17-18-19-20-21-22-23-25-27』

※11sフリーに組む場合は10sスプロケ(CS-7900~CS-5700)に使う1mmスペーサーは必要なく1.85mmのみ使います。

DkMYQjYU4AARn8j.jpg

DkMYSp8UUAAyC41.jpg

使うのはこのパーツだけ
DkMYUB-VsAAmFqC.jpg

『23-25-27』
DkMYXssUcAA5cTu.jpg

使っていない
CS-6700 12-30T
『12-13-14-15-17-19-21-24-27-30』

『12-13-14-15-17-19-21』
を使い
『12-13-14-15-17-19-21-23-25-27』
にしてみた。

歯先の並びがなだらかになった。
DkTOVvAUcAAiVM8.jpg

何故この組み合わせのスプロケを作ってみたかと言うと
水戸→福島県磐梯吾妻山の磐梯吾妻スカイライン(浄土平)まで走ってみようかと思って
脚にできるだけ負担のかからない組み合わせを考えた結果
最大スプロケの30Tの組み合わせはワイドすぎて目的地につくまでに疲れるし
それなら比較的クロスレシオで走りやすく目的地まで脚を残せる組み合わせが良いかなと。
そもそも34/27Tで登れなかった所は今までなかったし、最大は27あれば十分かなと。
まぁ30Tあれば楽なんだけど進むの遅くて・・・。

なんと言っても28Tからはチェーンを1コマ足す必要がある上に
30Tに合わせてBテンションボルトをかなり締めなくてはいけなくなるので
その分スプロケとガイドプーリーの歯先が全体的に離れてしまい
変速レスポンスが悪くなるのが嫌なのです。
27Tまでがギリギリ変速レスポンスを保てる範囲なんじゃないかと思います。
まぁこれは7900時代のRDの話ということで。

とりあえずしばらくはこの
『12-13-14-15-17-19-21-23-25-27』
で走ってみようかと思います。
16Tが無いのが悔やまれる組み合わせですけどね。
50/34Tのコンパクトクランクで走っている人は16Tと18Tがあればなーと思った人は多いハズ

試しに
『12-13-14-15-16-18-21-23-25-27』
を作って走ってはみたんだけど
18→21T 21→18Tの三段跳びがガツンと脚に来て微妙でした。
因みに、通常のロードの16Tでは16→18Tは変速がかなりもたつきチャリチャリ言う
それを解消するのに
CS-M771の16Tを使ったらスムーズに変速出来ました。
何か16→18Tをスムーズに変速するための16Tは無いか探していたら
スプロケット一覧表を作っているサイクルショップがありました。
リンク→ サガミサイクル カセットスプロケット一覧
それを見ていたら10sでの16→18TはMTBのCS-M771の16Tと
TIAGRA CS-HG500の11-32Tに存在する
HG500は一部がピンで一体型になっているのでピンをドリルでコジッて外す必要があるしめんどくさいので
CS-M771の16Tを購入してみました。(安いし)

駄菓子菓子・・・。

結局、色々試してみた結果、『23-25-27』 を使うなら
『12-13-14-15-17-19-21-23-25-27』
がベストな組み合わせと悟りました。
-------------------------
-------------------------
と思ったんですけど(悟ったんじゃなかったのか!)
何度か走ってみると16Tはかなり捨てがたい。やはり欲しい16T
せっかく購入したCS-M771の16T
CIMG7560_R.jpg

CIMG7561_R.jpg

ロードの16Tと比べてみる
CIMG7562_R.jpg

16→18に行きやすいように歯が一部高くなっているし歯の付いている位置が若干違う。
CIMG7563_R.jpg

結局
『12-13-14-15-16-18-21-23-25-27』
CIMG7565_R.jpg

にしてみた。

CIMG7566_R.jpg

CIMG7568_R.jpg

『12-13-14-15-16-18』までは平地用
『21-23-25-27』は山用

18→21 21→18の三段跳びは若干ピーキーな作りになってはしまったけど、
マイスペシャルスプロケット!
人とは違う12-27Tの完成である。

※せっかく水戸→福島 磐梯吾妻山 浄土平に行くライドするのにスプロケ準備してたら
磐梯吾妻スカイラインは路肩崩落のため、不動沢~浄土平間は通行止です。』になりました・・・・。
毎回行こうとすると火山活動が活発になって通行止めや道路崩落でいけなくなる。
土湯側からはいけるけど、高湯温泉→不動沢→浄土平→土湯温泉で猪苗代湖側に降りる予定だったのに
今年もまたお預けですね。 初めては土湯側からじゃなくて高湯温泉側から登りたいのです!

次回へ続く→『RD-6700-SSだけどテンションプーリーだけRD-9000の(Y5Y898060)に変えてみた。
スポンサーサイト

Comment

Name - アディ  

Title - 

自分のティアグラスプロケが12-13-14-15-17-19-21-23-25-28なので、近い感じですね(^^)
(重量や耐久性はかなり違うと思いますが…)
変速を考えると25➝27といきたいので、12-27は理想の組み合わせです!
自分の場合も最近は完全にローケイデンスになったので30Tなんていらない感じですが、次にバイク新調するときは駆動効率の点で、フロントを大きめにしてリア30Tにするかもしれません(^_^;)

2018.08.12 Sun 19:04
Edit | Reply |  

Name - 華見団子  

Title - To アディさん

TIAGRA4700 CS-HG500の12-13-14-15-17-19-21-23-25-28
は比較的使いやすそうですね
僕も一度28T(21-24-28)を使って28Tを経験してみたのですが、27Tと28Tは対して変わらないと感じてこのスプロケ作ってみました。
28Tの為にチェーン足してBテンション締めてとやるなら、たいして変わらないなら27Tで小気味よい変速が出来たほうが良いかなと。

『12-13-14-15-17-19-21-23-25-27』はバランス取れていて結構使いやすいですが、
やはり16Tが無いと僕には平地では使いにくいですね。 17と15の間がどうしても欲しくなります。
いろいろと悩んだ結果、『12-13-14-15-16-18-21-23-25-27』にしちゃいました。

11s化する事があったら、僕もフロントは52/36でCS-R9100の12-28にしよかと思ってます。

2018.08.13 Mon 14:30
Edit | Reply |  

Add your comment