アルター『鷺沢文香 ブライトメモリーズVer.』撮ってみた。(フィギュア レビュー)

By華見団子

CIMG8116_R.jpg

アルター『鷺沢 文香 ブライトメモリーズVer.

作品名 アイドルマスター シンデレラガールズ
発売月 2018年4月発売
価格 19,800円+税
サイズ 1/7 スケール
全高:約240mm
原 型 無銘
彩 色 渡邊 恭大


※写真は無加工です。 (トリミングはしてますが)
※写真は無加工ですが、本体のスカート(大)右側)のゴールドラインが荒いので少々手直ししてから撮ってます。
※コンデジが古い為ホットピクセルが見える場合もあります。
※後々撮り直して差し替える可能性あり。

FC2ブログに『Lightbox(同ページ上で画像拡大がうにょ~んと開く』)を導入したので
16:9がいい感じにPCモニター上で表示されるので16:9の写真を多めに取り入れてみた。

まずは16:9の写真から
CIMG8107_R.jpg

CIMG8111_R.jpg

CIMG8112_R.jpg

CIMG8113_R.jpg

CIMG8115_R.jpg

CIMG8116_R.jpg

CIMG8118_R.jpg

CIMG8120_R.jpg

CIMG8122_R.jpg

CIMG8124_R.jpg

CIMG8127_R.jpg

CIMG8216_R.jpg

CIMG8217_R.jpg

CIMG8224_R.jpg

CIMG8225_R_20180903232824a90.jpg

CIMG8121_R.jpg

ここからは、くるくる~っと
CIMG8129_R.jpg

CIMG8130_R.jpg

CIMG8134_R.jpg

CIMG8138_R.jpg

CIMG8139_R.jpg

CIMG8140_R.jpg

CIMG8142_R.jpg

CIMG8143_R.jpg

CIMG8145_R.jpg

CIMG8146_R.jpg

CIMG8150_R.jpg

CIMG8151_R.jpg

CIMG8152_R.jpg

CIMG8153_R.jpg

CIMG8154_R.jpg

CIMG8155_R.jpg

CIMG8158_R.jpg

CIMG8159_R.jpg

CIMG8160_R.jpg

CIMG8162_R.jpg

CIMG8165_R.jpg

CIMG8166_R.jpg

CIMG8169_R.jpg

CIMG8170_R.jpg

CIMG8171_R.jpg

CIMG8175_R.jpg

CIMG8176_R.jpg

CIMG8177_R.jpg

CIMG8180_R.jpg

CIMG8181_R.jpg

CIMG8182_R.jpg

CIMG8184_R.jpg

CIMG8186_R.jpg

CIMG8192_R.jpg

CIMG8193_R.jpg

CIMG8195_R.jpg

CIMG8199_R.jpg

CIMG8201_R.jpg

CIMG8205_R.jpg


ここから各パーツ
CIMG8227_R.jpg

CIMG8228_R.jpg

CIMG8229_R.jpg

CIMG8230_R.jpg

CIMG8231_R.jpg

CIMG8233_R.jpg

CIMG8237_R.jpg

CIMG8238_R.jpg

CIMG8240_R.jpg

CIMG8242_R.jpg

CIMG8244_R.jpg

CIMG8247_R.jpg

CIMG8248_R.jpg

CIMG8250_R.jpg

CIMG8251_R.jpg

CIMG8252_R.jpg

CIMG8254_R.jpg

CIMG8257_R.jpg

CIMG8259_R.jpg

CIMG8260_R.jpg

CIMG8265_R.jpg

今回のお気に入りの写真はこちら
CIMG8107_R.jpg

CIMG8115_R.jpg

CIMG8116_R.jpg

CIMG8118_R.jpg

CIMG8127_R.jpg

CIMG8225_R_20180903232824a90.jpg

造形等素晴らしいですね。
デコマスと比べると顔の輪郭がシャープになってちょっと違うと言う話をTwitterなんかで見かけました。
特にPの方々の意見は厳しいようで。
僕的には、お顔もかわいいし製品版の方が好みな顔してると感じました。
Pではないので、そこまでキャラに対する拘りが少ないんだと思います。
細い所まで再現されてるし、台座なんかは一見ただのクリアなんですが、条件次第でキラキラと色合いが変わるんですよこれがまた。

いやぁ 流石アルター!素晴らしい!✧*。٩(ˊωˋ*)و✧*。
と言いたい所なんですけどね。
実はこちらの写真の個体は『交換品』です。

交換前の個体は、スカートに傷があったり 接着剤の垂れがあったり
スカートの塗装がなんだかまだらな箇所があったり
下乳とコルセットの間に接着剤の白色化があったり
右下乳にシャドーの出来損ないのような黒ずんだくすみがあったり
右足つま先の装飾部分の白い箇所に何故か赤い塗料??が付着してるし。
なんだか最初の個体はやたらと仕上げが粗い個体に当たってしまいました。
キャラへの拘りは少ないとは思いますが、フィギュア(製品)としての拘りは結構有る方です。
フィギュアに対しては、結構細かいこと気にしいなので、最初に届いたものはすぐに銀座へおでかけして頂きました。
なにせ税込み2万円オーバーな製品ですし、あまり妥協はしたくありませんでした。

フィギュアをちょこちょこ購入してると、パーツの接着部分の周りが接着剤の影響で白色化してる個体もたまに当たるのですが、
これは軽い症状の物なら
Mr.HOBBYの水性ホビーカラーうすめ液(アクリジョンじゃない物)を綿棒(模型用)に付けて、
綿棒に付いた余分なうすめ液は、キッチンペーパーなんかで軽く吸わせてから、撫でるようにかる~く擦ると白色化してる部分は消えます。 やり過ぎるとつや消しが消えてテカるので気をつけて下さい。
塗料の跳ね、肌に付着している余計な黒点なんかも軽いものならこのやり方で消えます。 メラミンスポンジより効果的かと思います。
まずはプライズフィギュアなんかで練習してみると良いかもしれませんね。
顔周りに接着剤の白色化や黒点がある場合は余計な事せずにサポートに交換を申し出た方が良いかと思います。
顔周り等綺麗でほとんど当たり個体なのに、目立たないけど何故ここが白色化してるんだ!という場合だけに留めたほうが良いかと。

実売価格が2万円近いフィギュアなんですし、正直もう少しスカート(大)部分のゴールドラインと青い箇所との境の粗はどうにかしてもらいたかったというのは本音です。
交換品の個体でもスカート(大)のゴールドラインとその境目は荒いので仕様でしょうね。
(※本体右側(大)スカートのゴールドのラインが荒く二重塗りとかはみ出し等が目だって気になったので、手直しして修正後に撮りました。これでもだいぶマシになったんです。)
ここが綺麗な個体を引いたら大当たりですね!
スカート(小)の方のゴールドラインは凄く綺麗なんですけどね。
フィギュアの価格が高騰しても、それにクオリティが伴うかと言うと微妙な所があると言うのが現状でしょうね。

前川みくや多田李衣菜なんて、価格が安いのに粗を探すほうが苦労するハイクオリティな製品もあるし
スクフェスシリーズに至っては細部まで凝っていて、何この技術凄すぎだろ!
と度肝を抜くクオリティでしたし、百花繚乱の柳生十兵衛/直江兼続/宝蔵院胤舜 なんかも凄い出来でした。
それだけハイクオリティなフィギュアを世に出してるメーカーですし、
アルター=ハイクオリティメーカーと言うのを今後も維持して頂きたいですね。

以上
アルター『鷺沢文香 ブライトメモリーズVer.』撮ってみた。
でした。

その他 フィギュア等撮影したのはこちらのカテゴリーにまとめてあります。

ホビー(フィギュア等)
スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply