まだ頑張れる10sスプロケ その2 自分スペシャル『11-27T』を構成してみた。

By華見団子

前回のスプロケ構成のお話し

まだ頑張れる10sスプロケ その1 CS-6600ジュニアスプロケ23-25-27を流用してみた。

県外の山方面へロングライドに行く予定だったんだけど、
どうにも体調不良や天候不良が続いて企画倒れ状態になったので
構成を変更して
沿岸部の平地は 『ガンガンいこうぜ!』
山は 『じゅもんをせつやく(山はゆっくり走って足節約)』
『11-27T』自分スペシャル構成の
11-12-13-14-15-16-18-21-24-27T』にしてみた。

因みに、CS-7900 『11-27T』デフォルトの構成は
11-12-13-14-15-17-19-21-24-27T

『11T 12T 13T 』はデュラCS-7900 アルテCS-6700共用スプロケ
『14T 15T』デュラCS-7900
『16T』は16→18Tの繋がりをよくするために、MTB10s DEORE XT CS-M771-10の16T(Y1YR16000)
(通常のロードの10sのスプロケ16Tでは16→18Tへの変速はチャリチャリして変速が強引になります。実験済み)
『18T』はアルテCS-6600 CS-6700共用スプロケ
『21-24-27』はデュラCS-7900(チタン)
『11Tロックリング』はあえて鉄製の105 アルテとデュラはアルミ
何度もつけ外しするなら、鉄製のロックリングが丈夫で良いと悟った。
CIMG7769_R.jpg

取り付け完了
CIMG7770_R.jpg


翌日試走へ
沿岸部に行きたかったけど、雨予報なので雨降る前に帰ってこれる距離の楮川ダムへ
ダムへ行く途中の那珂川沿いのCRで11Tをフル活用 グイグイ進む⊂二二二( ^ω^)二⊃

秋ですね!どんぐり
CIMG7775_R.jpg

CIMG7789_R.jpg

CIMG7799_R_2018090818363720e.jpg

CIMG7792_R.jpg

50/12Tでは平地では足が回りきってしまい、頭打ちしていましたが、やはり11Tあるとスピードのノリがまるで違いますね。
やっぱエアロロードはこうじゃなきゃ!て位グイグイ走ります。
登りも18-21-24-27あれば十分
確かに前回構築した オリジナル12-27T『12-13-14-15-16-18-21-23-25-27T』
の18-21-23-25-27区間に比べれば登りで少し不便を感じてしまいますが、無けりゃないでどうにかなります。
どちらかと言えば、僕が普段走る場所的に活用するのは、ロー側よりトップ側が重要ですし。

現行の4アーム時代で最近メジャーな52/36T に変えるかちょっとばかり悩みましたが、
50/34 11-27T『11-12-13-14-15-16-18-21-24-27T』があれば十分になってしまいました。

こちら『ロードバイク ギア比・速度計算ツール
で減速比を見る限り
例え52/12Tだとしても足が回りきってしまいそうです。
かと言って、52/11Tは自分には回し切れるか怪しい所です。

52/36の場合
2_201809081937151e2.png

50/34の場合
1_201809081937142be.png

『50/11T』は『52/12T』と『52/11T』の中間あたりな感じになります。

今の仕様50/34T オリジナル11-27T『11-12-13-14-15-16-18-21-24-27T』
なんと言ってもこの構成は11sではまず出来ない10sならではの自分スペシャルですし
50Tの時にあると便利な『16T 18T』があるという素晴らしい構成!
しばらくはこれで様子見ですね。

まだまだ10sスプロケ頑張れそうです。٩(ˊωˋ*)

---------
追記
---------

15→16T(DEORE XT CS-M771-10の16T(Y1YR16000)
だけたまにチャリついて変速がもたつくときがありますね。
まぁ ロード10sの16T→18Tよりはもたつきと強引感は無いので良しとします。

16→15T 問題なし
16→18T 問題なし
18→16T 問題なし

もしかすると、チェーンをCN-HG95にするとCS-M771-10の16Tにうまく変速出来るかもしれない。
7900時代の10sにHG95を入れて問題ないと言う記事もちらほら見るので、次チェーンを交換する時はHG95にしてみようかと思います。


スポンサーサイト
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply