【ロードバイク】カーボンのペダルとアルミのペダル

By華見団子

RIDLEY NOAH RSを綺麗にしていたらふと気が付きました
ペダル(PD-6800)の赤丸部分がすり減って段差が出来ている!
CpyHAsfVYAQ20bh.jpg

どうやらカーボンのペダルはすり減るらしい
以前、なんとなくPD-6800のスモールパーツのパーツリストを見ていた時に踏み面のステンレスプレートだけの単品て出ないんだ・・・。
と思っていたのですが、自分の予想ですけどステンレスプレートがすり減って駄目になる頃には先端もすり減ってガタが出るから本体ごと交換してくれと言うことではと
CpzZSGEUsAAKalt.jpg

PD-6700は最初にアルミが出てその後PD-6700Cが出たのですが、こちらもカーボンのモデルはステンレスプレートの部分は部品が出ないんですね
アルミのPD-6700はこのステンレスプレートが出ます。
恐らく、アルミは本体が長持ちするのでステンレスプレートがスモールパーツで出るのではと
CpzZRTDUMAAcWnp.jpg

GIANT FCR0を復活する事が出来たので、ドロップかブルホーンにした時にはアルミのPD-6700にしようかと思ってオクで落札してみました。
同じ思考の人がいたのかオークション終了間際10分前に思わぬ競り 普通にPD-6700Cのオク相場価格まで上がってしまいましたが、自分はこの【アルミモデル】がどうしても欲しかったのでなんとしても競り勝ちたかったのです。
僕が狙っていたのはPD-6700-G(アルミ グロッシーグレイ)
PD-6700アルミのモデルは販売時期が短かったため(PD-6700Cが出たため)なにげに貴重なモデル シルバーは比較的安く手に入りますが、状態のいい物はあまりない様子 裏踏みしまくってるようなものや ペダルサイド部分に倒してぶつけたような傷があったりと
オクで競り勝ち状態の良いPD-6700-Gを手にすることが出来ました。
裏踏み傷も少なく キャッチする部分のプラ部分のすり減りも少なめ 非常に綺麗です。 酷使したものはこのキャッチする部分の角がかなりズルズルになっています。

CqhLC6tUIAAx7iG.jpg

CqhLDh0VIAIOmVE.jpg

CqhLEAFUAAEZRfs.jpg

カーボンのモデルではすり減っていた部分もまったくすり減っていません。
CqhLEiOVUAAxcZJ.jpg

やはりアルミは丈夫に出来ていますね!普段乗りする分には重量などはさほど気にならないのでアルミのペダルで十分です むしろアルミのペダルの方がいいのではと思います。
まぁ重くてもいいならPD-5700(アルミ)でもいいという話しもあるのですが、そこはなんとなくアルテグラに拘りたかったのです。
因みにPD-5700(アルミ)にもシルバーとブラックと存在します。










スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply