2016 RIDLEY NOAHのRDケーブル交換 実験【ケーブル内蔵型フレーム】

By華見団子

2016 RIDLEY NOAHのRDケーブル交換 組んだのはいいけど交換するのはどうすんのこれ??
と思って ジェイピースポーツグループに聞いてみたら、基本的にはBBをはずしての交換になりますので、
ショップへお願いするのを推奨しているとのこと

ケーブル交換でプレスフィットのBB外していられませんよね・・・。
最近のRIDLEYのロードはほとんどRD側のケーブルがフレーム内蔵型になっています。 見た目はカッコイイのですけどね!

そこで考えてみました
このブログ書こうかと思って管理ページ開いたら
既に前回のブログにコメして頂いた方が答えを書いておりました!

やはり同じこと考えるんですね!

ということで
まず 前提としてチェーンステー途中までRIDLEYの付属のケーブルライナーを通していることが条件です。

RDからケーブルを外す(RDのケーブルはそこで抜いちゃ駄目)

RDに付いているアウターケーブルを外す(フレームに刺さってるキャップも)

チェーンステー内ではこんな感じにケーブルライナーが途中まで通っています
CtX0bL4UEAAP8bq.jpg

シマノのケーブルライナーをRD側から入れる(シマノのライナーは左)
CtX0lrPUIAApmsK.jpg

そのままシマノのケーブルライナーを挿す
見事にRIDLEY付属のライナーにシマノのケーブルライナーがキツすぎず緩すぎず被さるように入っていきます
出来るだけ深く差し込んだほうが抜け防止にもなりますね
CtX1lamUEAEZnVA.jpg

RDのケーブルを抜く
ヘッドチューブにささってるRDのアウターケーブルを抜けばケーブルが抜きやすいかと
その時にライナーは引っ張っちゃ駄目 ケーブルキャップとケーブルキャップ受けは本体に差したままにする
あくまでもアウターケーブルだけを抜きます RIDLEY付属のライナーキャップはキツキツではないのですんなりアウターケーブルだけ抜ける

後はそのまま新しいケーブルを通すだけ

前回のブログでコメント頂いた通り、すでに実践されている方もいるのでこの方法で間違いはなさそうですね

その後 実践版


2016 RIDLEY NOAH のRDシフトケーブル交換『ケーブル内蔵型フレーム』 その1(整備記録)

スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply