2016 RIDLEY NOAHの試走&レビュー

By華見団子

2016 RIDLEY NOAH を組み立ててみた。の続き


2016 NOAHの試走にいつもの沿岸部コースへ
今回の試走の前に、組んだ後に道の駅もてぎまで行ってみたのですが、STIの位置が平行すぎて手首がまっすぐになりすぎて長距離キツくなりそうなので、STI位置を少し上に変更しての試走

大洗にて

Ctvl7b8VIAAAxBm.jpg

Ctvl9C7UAAAEJmf.jpg

STIブラケット位置を変更したおかげでかなり走りやすくなり、これでロングライドも余裕になりましたね。


NOAH RSと2016 NOAHの乗り味の違い

2016 NOAHの方が剛性感増々でしっかり感がありますね。 その分乗り味は固めになったかと思います。

フロントフォークにスリットが無い+ストレートフォークになったおかげで、しっかりしていてシャッキリ感がまるで違います。
コーナーリングもとてもしやすい。
NOAH RSの時は、ホイールのブレーキ面がアルミだとガッツリブレーキした時にしなりがあったけど、きっちりと耐えてくれて不安感がまったく感じられない素晴らしさ。

BB部分のねじれも少なく感じます。
もしかしたら、WISHBONEのBBで左右繋いでるからそこで剛性がさらにアップしている可能性もありますね。
そのおかげか、反応良くグイグイ進んでいく。

全体的に剛性が上がっているので、登りなんかでも力が抜けずに走りやすい。
重さは気にもならないですね(エアロフレームとアルミMTBしか乗ったこと無いので)

作りに関しては、フロントフォークエンド/リアエンド/リアブレーキ根本の金属補強がされているので安心感があります。
エンド部分等がフルカーボンでは若干心許ない感じでしたが、この補強によって安心感が増しました。
新型で金属補強をしてきたという事は、やはりいろいろとあったのかと思います。

そして!ホイールが今時のワイド幅のホイールが履けるようになりました。
NOAH RSの場合 公式では
ブレーキ面23mm リムの膨らみ部分25mmに対して
2016 NOAHの場合は
幅28mm タイヤは25cまでおkとの事。

これでホイールの選択肢がぐっと増えましたね。 今のホイールで満足しているので買い足しはしませんけど
何はともあれ、この2016 NOAH 走りやすいです!

この2016 NOAHに乗った後に、またNOAH RSに戻りたいかと聞かれれば・・・。
答えは NO!
NOAH RSの不満だった所が見事に解消されています。
同じミドルグレードなのに、もはや別物
ただし、カラーはNOAH RSの方がカッコいいですね。
2016 NOAHのチームカラーはかなりカッコイイと思いますが
それ以上にNOAH RS世代のRIDLEYのカラーリングはどのフレームもカッコいい。

現在、NOAH RSに乗っていてカラーリング気に入っていて、今どきのワイドホイールが履けないけど別に気にしない!
という方は無理して2016以降のNOAHに乗り替える必要性は無いかと思います。
なんと言ってもNOAH RSはBBがスレッド式BB 万一ワイヤー交換ミスってもすぐにBB外せるし
耐久度の高いシマノのスレッド式BBがIN出来るのはかなりの利点だと思います。

※わざわざ2016 NOAHと書くのは、以前までのNOAHはハイエンドに近いNOAHだったのですが、2016 NOAHはNOAH RSの後継でミドルグレードの物なので以前までのハイエンドNOAHと混在しない為に記入しています。

以前までのNOAHは
NOAH FAST
NOAH
NOAH RS の順番

2016からは
NOAH SL←NOAH FASTとNOAHの後継
NOAH←NOAH RSの後継
になりました。

自分のRIDLEY歴

2012 NOAH RS チームカラー(Lotto・Belisol)
CIMG0720_R.jpg

2013 NOAH RS チームカラー(Lotto・Belisol) 国内未販売カラー
Chbj3yaU0AA4eJw_R.jpg

2016 NOAH チームカラー(Lotto Soudal)
CIMG2911_R.jpg

追記

2016NOAHを組んでから現在(2018/08月)まで使用していますが
2016NOAHに性能面での不満は全くありませんね。
ワイヤー交換ミスるとちょっとめんどくさい位です。

お値段以上なフレームな事は間違いないかと思います。




スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply