わたし、飛騨高山が気になります!(その弐)

By華見団子

わたし、飛騨高山が気になります!その壱
の続き

早朝
宿から町並みに向かう道
B_tETeqU0AEil8t.jpg


早朝の赤い橋付近
B_tD3tWVEAAXMGE.jpg

B_tESzMUcAAqpcT.jpg

高山役場
B_tD4e6UcAAb5wS.jpg


早朝の観光客で賑わう前の古い町並み
B_tDkVDU8AA7Tmz.jpg

B_tDi7NUgAA1Kcj.jpg

B_tD228VAAEQ4Au.jpg

B_tDlQsUYAAVEaI.jpg

B_tD4Y2UsAM05zI.jpg


二日目は下呂温泉へ向かいます 節約のため普通列車で(一時間かかります)
高山駅にて ちょっとローカルな電車
B_o6DMrUgAAg7vx.jpg


下呂温泉は日本三大名泉の一つです(草津温泉 有馬温泉 下呂温泉)
B_tHXukUgAM_eRK.jpg

まずは観光案内所で湯巡り手形を手に入れます。
1300円で提携旅館の温泉に3箇所入れます♨
ただし!これがかなり重要
提携旅館の外来の入浴時間がそれぞれ違います!なので、うまく時間を組み合わせないと行けません
詳しくはこちら リンク→湯巡り手形

B_0d8VpUIAADBNn.jpg


駅を出たら雨がパラパラと 傘を買うか迷いましたが、濡れるほどでもなかったので購入しませんでした。

下呂温泉の風景
B_o6CaaUIAAPtCZ.jpg

B_o6CaqUgAAMsam.jpg


まずは「小川屋」へ
B_o6tBgUsAIIE6-.jpg

まだ誰も入って無く貸切!
B_o6s1EUgAAr1nA.jpg

温泉からの風景
B_o6oreVEAAMHVg.jpg

自分以外だれも入ってない上に、温泉の温度がちょうどよくてかなりくつろぎました。

その後、下呂温泉の一番の目的「湯之島館」へ 古い感じがこれまたテンション上がります
昭和天皇も宿泊された由緒ある旅館です。
B_o7mBAU8AE4ocp.jpg

B_o7MHLUwAAE_gf.jpg


玄関口
B_o7J_-U8AAQIL0.jpg


入浴時間が13時からなのでそれまでロビーで待ちます。
B_o7NFOVAAAh8KU.jpg


露天風呂! 若干温度が高めでしたね 長湯はあまり出来ませんでした。
B_o7kiXUsAEvkp5.jpg

「湯之島館」 かなり大きく、館内は迷路のようになっているので温泉から出てロビーに戻るのに迷いましたw

温泉は3箇所入れるのですが2箇所でかなりくつろぎ過ぎて湯疲れしてしまい、足がだるだるに
3箇所目は「山形屋」に行く予定だったのですが 温泉には入らずに散策へ

温泉街へ行く道の地面にはカエルが描かれていてカワイイです。
B_o71OUUcAAuOzQ.jpg

B_o72HmU0AAWE_y.jpg


下呂温泉のマンホール
B_tM0PNUIAAh55g.jpg

B_tM0ZuVAAAhckf.jpg

B_tM1JvUcAAPLF3.jpg


町並み
B_o8DcfUYAA5UIu.jpg


雨が思いの外ぱらついてきたのでそのまま駅へ
高山に戻ろうと思ってたのですが、乗った電車がちょうど飛騨古川終点の電車だったのでそのまま飛騨古川へ

飛騨古川へ
飛騨古川も高山と同じく古い町並みが見どころです。

飛騨古川駅 夕方で外灯が点き雰囲気出てます。
B_o9zzNU0AEqj6p.jpg


見どころへ
B_o85XLUsAEemTp.jpg


いざ!古い町並みへ
なんと・・・春の観光シーズンに向けて改修中でした(´・ω・`)
B_o87c2UwAAyyB5.jpg

B_tRWj0UwAAEPCg.jpg

B_tRBBUUYAAHztI.jpg

B_tRB3SUcAADwyu.jpg

B_o87inUcAAUZuy.jpg

B_o87gFUwAA28d_.jpg

B_o9a5rUYAAmRp1.jpg

B_tRAkxVAAAUcPx.jpg

B_o9ZSQU0AASw5e.jpg

B_o9a83VAAAOz-m.jpg


酒蔵 蓬莱の前 高山で試飲しましたがとても美味しいお酒でした。
B_tRBu0UsAAGBAF.jpg

B_o9a8QUcAAP0VR.jpg

飛騨古川のマンホール
B_tNHklUIAAvxzV.jpg


次の電車を逃すとかなり時間がかかってしまうので電車に乗って高山へ
とても雪国を感じるホーム
B_o9x30UIAILSb0.jpg

B_o9z1bUYAATb5m.jpg


高山に戻り高山ラーメンをと思ったのですが、土曜の夜の19時頃なのに閉まってるお店が多いこと多いこと
どうやら夜はあまり営業していないみたいですね
鍛冶橋のところにあるお店へ入りました。
飛騨牛重とラーメン お重は美味しいのですがラーメンがなんだかイマイチ
B_o-IIpUwAAuUa0.jpg

ラーメンが微妙でなんだか不完全燃焼のまま宿へ
地酒を飲むのに居酒屋なども探したのですが、あまり開いているお店が無いんですよね
宿に戻り 宿の番頭さんに居酒屋を聞いて居酒屋へ行ってみました。
「ごっつおや」という居酒屋さんが宿から近くて地元の方も通うようなお店みたいです。
店主いわく 宿の紹介や地元のリピーターがメインと言ってましたね 普通の観光客はなかなか来ないとか
ごっつおや 食べログリンク
入ってみたらかなりの混みよう カウンターが二席あいていたのでカウンターへ
日本酒と名物のごっつお揚げを頂きました。 微妙なラーメン食べるよりこちらの居酒屋さんでお腹いっぱいになったほうが良かったですw
カウンターで隣に座っていた若夫婦と会話をして高山ラーメンの美味しいお店を教えて頂きました。
地酒の山車を飲みほろ酔い気分で宿に戻りそのまま熟睡zzz.

翌日、12時ちょいに高山を出ないと名古屋を散策する時間がないのですが、高山ラーメンを食べないことには帰れない!
てことでラーメン屋さんが開くまで高山を散策
いざ、おすすめされたお店へ! こちらは美味しかったです。
B_o-IQQUIAAAEOv.jpg


高山ラーメンはダシスープと醤油などを一緒に混ぜてスープを作るのが特徴みたいです。
ラーメンと言わず○○そば と言うみたいです。
普通のラーメンは 器に醤油だれを入れてからスープを入れますがそうではないみたいです。

高山ラーメンを食べて満足したので特急ひだで名古屋へ
特急ひだ なんと自由席が一両だけしか無い! 指定席にしました。
自由席は観光客(外国人)の方がほとんどでしたね
特急ひだに乗る時は自由席よりも指定をオススメします。

そして名古屋へ
名古屋駅についてまずは観光案内所探し
名古屋駅はなかなかの迷宮ですね
案内所で名古屋城へ行きたいのですがと聞いたら、4時には入場終わってしまうので、歩いて行くと間に合わないとのこと
地下鉄をおすすめされました
初めての駅で地下鉄! 良くわからないなりにもなんとか行ってみる それも乗り換えまであるとは・・・。

無事名古屋城に着きました!
B_o-vRWVEAAxymK.jpg

B_o_Dn2UYAAuDbj.jpg


なんと中にはエレベーターがw エレベーターが激混みなので階段で天守閣へ
B_o-t0PUsAAueu-.jpg


天守閣からの風景
B_o_ChzUsAAmaiJ.jpg

B_o_CdEUwAAhBM4.jpg


デジカメの電池が切れたので携帯から
B_o_YU3UgAAsw_r.jpg


名古屋のマンホール
B_tNPpqU8AAiPWT.jpg

B_tNMFtVAAIjAtR.jpg


名古屋城 近代化改修されすぎて中は古さを感じませんね
日本のお城にいる!て気がしませんでした(´・ω・`)

外見はカッコイイのに!

その後、名古屋駅周辺で味噌カツやらを食べようと思ったのですが、どこも激混み!
しかたなく新幹線ホームのきしめん屋できしめんを食べて帰路へ

今回の旅 かなり楽しめました! 本当は一泊のはずだったのですが、一泊二日では二日目に飛騨古川 下呂 名古屋城と観光するのは無理がありますね
一泊の予定を二泊に変更したのは正解でした。 宿もなんとか連泊出来て良かったです。
交通費が結構かかるもので、そう何度も行けないので一度の旅で十分に楽しむならやはり二泊三日は必要と感じました。
白川郷も行っては見たかったですが、それこそ三泊でもしない限りは無理ですね。白川郷だけを楽しむなら三泊は必要ないかもですけど。
飛騨高山を観光するにあたり、僕の場合は「氷菓」を見ていたので、氷菓探訪マップを見ながら周ったおかげで普通の観光客が行かない場所も含まれていて、高山の端から端まで楽しめることが出来ました。 まるで作品の中にいる気分になれました。


今回の旅の記念切符
B_s_QmZUIAAd2ET.jpg


次回の旅はどこに行くか未定ですけど
わたし、秋田県の乳頭温泉郷が気になります!




スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply