パールイズミ 0℃帯グローブ W7219(レディースサイズ)が2018年は販売されなく終了した件。

By華見団子

パールイズミ 2018 ウィンターモデルをチェックしていたら、
今年はレディースサイズの0℃帯グローブの販売が無い!
どうやら女性は0℃になると走らないとパールイズミは割り切った様子。
代わりに5℃対応が新たに出てはいますが、手首部分のこの素材はすぐに伸びてしまいそう。

僕の場合、パールイズミのグローブは男性用Sサイズでも大きく感じるので、レディースサイズのMを使用しているのでこれは大問題です!
パールのジャージやビブはMサイズでピッタリなんですけど、グローブは男性用はSでも大きすぎる。
春・夏グローブはOGKのPRG-5・6のSサイズを使用しているけど、
冬用はしっかりとした作りのパールイズミ製品がかなり重宝します。

5℃~10℃ちょい上まではウィンターライトグローブ W8300 Mサイズ(品番のはじめにWが付くのがレディース用)
秋終わり頃から冬にかなり活躍するグローブ こちらは品番同じでモデルチェンジして継続販売。
DomT7hhU8AESUSG.jpg

0℃帯 ウィンドブレーク サーモ グローブ W7218 ←W7219の前のモデル
真冬になると使います。 大体12月下旬~2月上旬くらいまでですかね?
DomT7DaVAAEvjyf.jpg

そして、W7218の後継モデル
0℃帯 ウィンドブレーク サーモ グローブ W7219
男性用の ウィンドブレーク サーモ グローブ 7219 は2016から販売されていたけど、レディース用は2017年から販売。
2018年はまさかの廃盤!
1シーズンで姿を消すとは・・・。
DpI4J8pV4AA8iqv.jpg

DpI4KduU8AEtmU5.jpg

新品時は脱着が結構キツイ けど、冬用グローブってのは中綿がヘタるのでキツイくらいじゃないとヘタった時にグローブがゆるゆるになる。
ロードバイクの場合はシフト操作も必要なので、着用時に指先余りがあると操作がし難くなるのでキツキツピッチリ位が僕的には丁度よく感じます。経験上数回使用すればいつの間にか手に馴染んでる。
なのでレディースのM使用
ロードバイクのウェアってある程度走り慣れてる人にとっては、基本的に新品時は全部ピッチリが調度良くないですかね?
DpI4LB7VAAA3rrM.jpg


世の中のネットショップの在庫は既に殆無く、
ワーサイにレディースサイズのMの在庫が特価品(5,967円税送料込み)でまだあったので、無くなる前にポチっておきました。

W7218は丈夫な作りでまだまだ持ちそうですけど、今後パールは0℃帯レディース用サイズの販売をしない可能性もあるので、
長い目で見ると持っていて損は無いかなと。

せっかくぴったりサイズを見つけたと思っても、こんな感じに販売を継続しないパターンもあるから、
やはりお気に入りのウェア類は予備を確保した方が良いですね。

こちらの地域は真冬でも雪は殆降らなく、オールシーズン走れるから冬用もしっかりとした物が必要なのです。
サイクルウェアは本当に一期一会な製品ばかりですね。






スポンサーサイト



Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply