Google Mapでも未開の土地【奥久慈グリーンライン(水根持方線⇔武生線)】を走ってみた。

By華見団子

2018/11/24

最近知った【奥久慈グリーンライン】へ走りに行ってみた。


なんとなく『奥久慈パノラマライン』等で検索していたら【奥久慈グリーンライン】なるワードがあり、
それをきっかけに知り、紅葉の季節の今の内に行こう!と決意゚٩(ˊᗜˋ*)و

奥久慈グリーンライン(水根持方線⇔武生線)は奥久慈パノラマラインとR461の間の峠道。
大子町から旧水府村の武生神社に出る去年開通したばかりの道なんだそうで。

出発
朝は寒くまさに冬
水戸の那珂川沿いの堤防の上からは、遠くの福島の山々に雪が積もっているのを確認できました。
CIMG8740.jpg

常陸太田
CIMG8743.jpg


そして大子町へ
今回は、足に余力を残したかったので裏道からR118に出て大子町袋田へ
水戸→大子町袋田までの約60kmはウォーミングアップである。

袋田の滝の公営駐車場でトイレ休憩
CIMG8745.jpg

CIMG8746.jpg

奥久慈グリーンラインに入る前に旧月居トンネルを見に行ってみた。
なんともいい雰囲気のトンネル!
CIMG8749.jpg

奥久慈グリーンライン終始点(案内板の地図では水根持方線はかなり略されてます。実際はかなりくねくねのアップダウン)
CIMG8750.jpg

いざ!
CIMG8751.jpg

峠の坂のカーブからはチラチラといい景色が見える
CIMG8755.jpg

登ってきたつづら折りの一部。ドローンで撮影すれば綺麗なつづら折りが見れるかも?
まだまだ先は長い
CIMG8757.jpg

実際に見ると壮大な景色なんだけど、自分のカメラじゃそれをうまく表現出来ないのが残念
CIMG8759.jpg

アップダウンと急カーブを繰り返し
持方集落へ
登山客はここに車を置いて登山しに行くらしい。(トイレあり)
CIMG8760.jpg

CIMG8761.jpg

そこからしばらくペダルを回して、奥久慈見晴らし台に到着
景色を見ながら一休み
ガードレールなんですが、奥久慈グリーンラインはガードレールが木製です!
CIMG8762.jpg

CIMG8764.jpg


CIMG8766.jpg

中央
CIMG8767.jpg


CIMG8768.jpg

中央アップ
CIMG8773.jpg

さらに中央アップ 里美牧場の風力発電の風車が見えます。
CIMG8772.jpg

肉眼だとすっごく綺麗なんですけどね。


そしてまた走り出す。
CIMG8763.jpg


再び展望台発見 展望台の名前はわからないけど、カップルがイチャコラしてました。
CIMG8774.jpg

CIMG8775.jpg

CIMG8776.jpg

再び走り出す。
茅葺屋根の民家と、そこに吊るしてある干し柿がなんとも田舎の風景で良いですね。
CIMG8777.jpg

奥久慈グリーンライン 終点近くの【武生神社】
神秘的な神社なのですが、今回は入口だけでスルー
CIMG8778.jpg

その近くの展望台
宝剣洞展望台 大層な名前が付いているけど何か由来でもあるんですかね
CIMG8780.jpg

CIMG8781.jpg

CIMG8784.jpg

再び走り出し、くねくねした道を注意しながら下る。
奥久慈グリーンライン終始点の武生神社入り口
CIMG8785.jpg

その後は道の駅ひたちおおたまで走り
デイリーヤマザキでチョコタルトと串カツとコーヒー
チョコタルト美味しい! 栗のシュークリームはもう終わっていた。
CIMG8786.jpg


今回初めて【奥久慈グリーンライン】を走ってみて感じたこと。

・絶景
・登りは結構キツイけど、カーブを連続させる事で斜度を低くした設計なので登りは続くけど心が折れるレベルでは無い。
・車が殆走ってない。 すれ違った車は4台も無かった。 僕(自転車)を抜いていった車はなんと0!(三連休中日なのに)
・なんとも自転車パラダイスな【奥久慈グリーンライン】
・雑音は無く、鳥の鳴き声位しか聞こえません。
・道路が新しいので道がすごく良い!
・武生神社方面から走る時は武生神社入り口から武生神社までが一番キツそう。
・食事処は一切無いので、お腹が空くとハンガーノックの危険性あり。奥久慈グリーンラインに入る前に食事とボトルに水補給(特に夏は注意)
・湧き水は多分無い(あるかもしれないけど)
・奥久慈パノラマラインよりキツイ(大子町→武生神社)けど奥久慈パノラマラインより景色が綺麗
・栃木の那須岳の登りが平気な人なら余裕で楽しめるレベルだと思う。

前回走った【奥久慈パノラマライン】と、今回走った【奥久慈グリーンライン】

どちらも車の交通量はほぼ無いので、実は茨城県北は自転車乗りにとってパラダイスなんじゃないでしょうか!(峠好きに限る)

水戸→三太の湯方面から奥久慈パノラマラインフルコース→大子町へ出たら続いて→奥久慈グリーンライン→水戸

距離は200kmもいかないのに物凄いハードコースの出来上がりです٩(ˊωˋ*)
僕は絶対に一日でその両方を走ることは無いとは思いますけどね。

峠の登りの途中でいい景色は何箇所もあったのですが、ここで足を止めたら終わる!というような急坂だったりするので
ペースを保つためには足を止めて写真を撮る事は出来ませんでした。
走った方向から逆の武生神社入り口→大子町 だとまた違った風景に出会いそうです。

※今の所、奥久慈グリーンラインは交通量が少なく平和ですが、これから走り屋系バイク/車乗りが知ると、減速帯が出来たりいろいろと対策はされそうです。
車線の無い道路なので、走り屋系オートバイ/車で攻めると危険を伴うので走り屋スポットにはなりにくいとは思いますが。




今回の√
ルートラボやGoogle Mapでは未開の土地『奥久慈グリーンライン』なので、
奥久慈グリーンラインの途中の道は他ブログの方の記事を参考に書きましたので正確ではありません。


気温
1124.png

1124b.png

ウェアメモ

ヘイロヘッドバンド
パール プレミアムウィンドブレークジャケット(2009)
パール UVロングスリーブインナー
パール ウィンターライトグローブ
アイウェア OGK 101


フットマックス ロードバイクレーシングモデル
パールイズミ プリントビブタイツ(10℃帯)
MAVIC トゥウォーマー
MAVIC ゼリウム(2012)

家から出発した時は寒くて耳が痛くなる寒さでヘイロアンチフリーズにすれば良かったかなと思ったけど、
結局登りが多いのでアンチフリーズにしなくて良かった。
この日は今期初ジャケット&ウィンターライトグローブを装着。
次第に冬の寒さになってきた。


話し変わりますが、
CATEYE VLTO800を安く入手したのをきっかけに、俺氏とうとうサイコンを導入する事を決意!
VOLT800をハンドルクランプの上だとどうにも格好つかないので、
CATEYE アウトフロントブラケット2を導入
サイコンが無いとなんとも格好つかないので、サイコン無くてもいい派だったけど、これでは滑稽なので導入を決意。
数日中にサイコン取り付けます。
今時のストリートスタイルに近づいた٩(ˊωˋ*)
Dsx5ATiVsAIDvU1.jpg
スポンサーサイト



Share

Comments 2

There are no comments yet.

アディ  

新しい峠道って道幅規格も新しいせいか、広めで走りやすい道な感じがしますね
こちらの方でも新しい峠や山中の広域農道なんかは、できてしばらくは走りやすい穴場となります
奥久慈グリーンラインが気になって調べたら、ストラバ(トレーニングアプリ)の区間で「武生林道」という県道33号線から武生山に向かう峠道がそれっぽく見えました
そこで見ると距離2.9km・平均斜度9.7%で、なかなかの峠!
実際、山間のライド先ではモーターバイクと被ることが少なくないので、SNS等で広まるのも時間の問題かもしれませんね…
サイコン未使用は知りませんでした(^_^;)
前述のストラバはGPSサイコンかスマホでログを取って、ライド時の距離やら獲得標高やら各所の区間タイムが赤裸々に表されたり、メッセージ機能で交流も深まったりしますが、たまに速度や斜度を気にせずに走りたいと思って、ライド中にサイコンをバックポケットにしまうことがあります(^^)

2018/11/26 (Mon) 20:59 | EDIT | REPLY |   

華見団子  

To アディさん

奥久慈グリーンラインが開通する前は、武生神社側の道は武生林道と言ってましたね。
武生神社側からスタートの場合は、武生神社側から約3kmの約10%の登りが奥久慈グリーンラインのいきなりのピークかも知れません。
自転車にとっては新しくて広めですけどセンターラインの無い道なので車やオートバイで攻める人には合わないコースかとは思いますし、今後も自転車パラダイスであってほしい所です。
GPSサイコンですと周りの自転車乗りの方にごまかし効かないですね!
僕的にはサイコン無くても良かったのですが、せっかくライトをセンターボトム仕様にしたのでGPS無しのお手軽サイコンにしました。
あまり数値に縛られたく無いので、スピードとケイデンスだけ見れれば良いや的に思ってます。

2018/11/26 (Mon) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply