俺氏、とうとうサイコンを導入してライトをセンターボトム仕様にゃ!CATEYE VOLT800・パドローネデジタル・アウトフロントブラケット2

By華見団子

CATEYE VOLT800を安く手に入れたまでは良かったけど、
ハンドルクランプの上では微妙だったので、CATEYE アウトフロントブラケット2とサイコンを導入してみた。

今回導入した各アイテム

CATEYE VOLT800
CATEYE アウトフロントブラケット2
CATEYE PADRONE DIGITAL(パドローネ デジタル)

最初にVOLT800を入手し、次にアウトフロントブラケット2を導入し、
ライトをセンターボトムにしたのは良いんだけど、やはりサイコンが無いと寂しいので、サイコンを導入してみた。

僕的には、サイクリングしてる時まで数値に縛られたくないので、サイコンの必要性はこれと言って必要!
と言う程でも無かったけど、見た目は大事!

普段走ってる時は誰に見られる訳でもないけど、ブログをしてると言う事はそれだけ人に晒す事にもなるので、ある程度はビシッとキメておきたい。
あったらあったで便利だしこれを機にサイコンも入れてみた。

ロードバイクに乗り始めてから数年・・・ようやくである。
普通のロード乗りの方なら、乗り始めた序盤にサイコン入れるんでしょうけどね。

最初は、CATEYEのストラーダスリムにしようと思って調べてみたら、
フロントフォークの内側に貼り付ける薄型のセンサーは、ホイールのスポークとフロントフォークの内側の隙間が約12~17mm必要らしい。
自分のホイールとフォークの隙間を計測してみたら、隙間が広くて17mmか18mm
それもフォークのかなり下側に取り付けるようになってしまう。
かと言って、他のフロントフォークに付けるタイプセンサーはボテッとしていて主張が激しく見栄えもあまりよろしくない上に、ずれたらすぐにホイールに巻き込みそう。
今時の幅広ホイールに対応しているロードバイクは、スポークとフォーク内側の間が広くてCATEYEの薄型センサー(SPD-2)の取り付けは厳しいかも。

チェーンステーにセンサー取り付けるタイプのモデルはスピード/ケイデンスが測定できるっぽいのでそちらに
結果:CATEYE PADRONE DIGITAL(パドローネ デジタル) が丁度良さそうなので購入してみた。
予定外に価格が上がってしまったけど、仕方ない。

という事で導入してみました٩(ˊᗜˋ*)و

正面から

CIMG8870.jpg

CIMG8869.jpg

後ろから

CIMG8873.jpg

CIMG8876.jpg

横から見るとハンドルの上にライトが無いのでスッキリ!

CIMG8849c.jpg

CIMG8864.jpg

ハンドル周り

CIMG8880.jpg

CIMG8879.jpg
ベルはもちろん付けてますよ! あってもほぼ無意味な昼行灯ですけどね。
公道を走る上で、何かあった時に優位な立場でいたいので。
真正面から見えるとこのベルはほぼ見えません。
Oi(ベル)も考えたけど、せっかくのハンドルクランプの文字が見えなくなるのもあれなので導入してません。

スピード/ケイデンスセンサー

CIMG8838.jpg
このセンサーの取り付け位置が厄介でしたね。
仮止めの時に、スピード側のセンサーをチェーンステーに沿うように下にしようとしたらセンサーとマグネットが当たる!
そこで見た目的にあれだけれど、上向けて取り付けて、タイラップをぐいっと本締めするのに引っ張ったら・・・。
今度はスピードセンサーとマグネットの隙間が開きすぎた!
隙間が開きすぎたということは・・・センサーをチェーンステーに沿うように下にしてもおkじゃないの??
と、やってみたらベストな位置になりました٩(ˊᗜˋ*)و
スピード/ケイデンスセンサーセンサーとマグネットの隙間3mmて車種によってはかなり厳しいのではと思うのですが。
運良く3mm以内の位置を見つける事が出来ました。


今風なスッキリした仕様のロードバイクになりました٩(ˊωˋ*)<コンポは古いけど

CIMG0120.jpg

※ライトをハンドルの『中央 下』に設置するので、『センターボトム仕様』と僕は言ってますが、実際何と言うかはわかりません!

※アウトフロントブラケット2を使用してライトをセンターボトムにましたが、ケーブル類の干渉は奇跡的に大丈夫でした。
ケーブルの取り回し次第では干渉しすぎて出来ない場合もあります。








スポンサーサイト



Share

Comments 2

There are no comments yet.

アディ  

サイコンとライトがビシッとセンターラインに揃っていて美しい仕上がりですね(^^)
現在の自分のバイクはどちらも上ハンにマウントなのでなかなか不格好ですが、もし次期バイクがエアロロードになったらビシッと揃えます(^_^;)
ケイデンス&スピード共用のセンサーは案外位置決めに苦労しますよね…
自分の場合はセンサーをスポークのマグネット寄りに傾けて、クランクのマグネットをダイソー磁石3枚重ねにして対応しました

2018/11/30 (Fri) 22:03 | EDIT | REPLY |   

華見団子  

To アディさん

VOLT800を手に入れた勢いでここまでやった甲斐がありました。
ようやくハンドル周りがスッキリしました。
ケーブルがフルインナーの今時のディスクのエアロロードなら整備は大変でしょうけど、ライト等の取り回しは楽になりそうですね。
専用ハンドルでハンドルセンターの下に取り付け出来ない!と言う場合もありそうですけど・・・。
クランク側に磁石3枚重ねという発想はすごいですね。
思いも付きませんでした。

2018/11/30 (Fri) 23:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply