「閃光のハサウェイ」GUNDAM FIX FIGURATION #0025 ペーネロペー 撮ってみた。(フィギュアレビュー)

By華見団子

CIMG0294_20190717022843911.jpg

RX-104FF PENEROPE


発売日:2005年05月01日
価格:5,775円(税5%込)
対象年齢:15才以上

商品説明 wikiより
外装の組み換えによりΞガンダムからオデュッセウスガンダムおよびペーネロペーに換装できるコンバーチブルモデル。
オデュッセウスガンダムから分離したペーネロペーユニットはフライトフォームに合体変形が可能。
なお本アイテムではペーネロペー形態を「ペーネロペーガンダム」と呼称している。
これまで立体化に恵まれずガレージキットでの商品化こそあるものの、当商品が初めて一般発売での立体化となった。

※Firefoxでの閲覧はabout:config→「gfx.webrender.all」を「true」にして「webrender」を有効にすることをオススメします。
※中古3,000円前後のエントリーコンデジで撮影です。
※コンデジが古い為ホットピクセルが見える場合もあります。
※エントリーコンデジなのでピクセルマッピングなんて出来ません。
※台座をアクションベース2に変えてあります。
GUNDAM FIX FIGURATIONはガンプラでは無く、フィギュアです。

それではくるりと

CIMG0267_20190717022658438.jpg

CIMG0229_20190717022551780.jpg

CIMG0234_201907170225531da.jpg

CIMG0235_201907170225543be.jpg

CIMG0236_201907170225567c1.jpg

CIMG0237_20190717022557562.jpg

CIMG0239_201907170225590ba.jpg

CIMG0240_20190717022600d4d.jpg

CIMG0241_20190717022602bd0.jpg

CIMG0242_201907170226039dc.jpg

CIMG0243_2019071702260547a.jpg

CIMG0244_20190717022606e51.jpg

CIMG0245_20190717022608a05.jpg

CIMG0247_20190717022609991.jpg

CIMG0248_201907170226110eb.jpg

CIMG0249_20190717022612cef.jpg

CIMG0250_20190717022614abf.jpg

CIMG0251_201907170226158fc.jpg

CIMG0252_20190717022617c50.jpg

CIMG0253_20190717022638c38.jpg

CIMG0254_201907170226403b2.jpg

CIMG0255_201907170226410e7.jpg

CIMG0256_201907170226432f3.jpg

CIMG0257_201907170226443ab.jpg

CIMG0258_20190717022646a48.jpg

CIMG0259_2019071702264704e.jpg

CIMG0260_20190717022649c97.jpg

CIMG0262_201907170226507c6.jpg

CIMG0263_20190717022652df1.jpg

CIMG0264_201907170226534c5.jpg

CIMG0265_2019071702265591a.jpg

CIMG0266_20190717022656cf6.jpg

CIMG0228_20190717022550ce2.jpg

各部へ

CIMG0268_20190717022659cef.jpg

CIMG0269_201907170227018d5.jpg

CIMG0270_201907170227029a4.jpg

CIMG0271_20190717022704655.jpg

CIMG0272_20190717022705dc1.jpg

CIMG0273_201907170227077b6.jpg

CIMG0274_20190717022716d29.jpg

CIMG0275_201907170227176b3.jpg

CIMG0276_20190717022719321.jpg

CIMG0277_20190717022721626.jpg

CIMG0278_2019071702272204b.jpg

CIMG0279_20190717022723b0c.jpg

CIMG0280_2019071702272510d.jpg

CIMG0281_20190717022726206.jpg

CIMG0282_20190717022728ade.jpg

CIMG0283_201907170227299ee.jpg

CIMG0284_20190717022731682.jpg

CIMG0285_2019071702273223e.jpg

CIMG0286_20190717022734b31.jpg

CIMG0287_20190717022735140.jpg

フリースタイル

CIMG0291_20190717022742bd5.jpg

CIMG0227_2019071702254851b.jpg

CIMG0289_20190717022738387.jpg

CIMG0288_2019071702273774f.jpg

CIMG0290_201907170227404b3.jpg

CIMG0295_20190717022845714.jpg

CIMG0292_201907170227433e4.jpg

CIMG0293_2019071702274496c.jpg

フライトユニット

CIMG0309_20190717022846db4.jpg

CIMG0310_20190717022848fa9.jpg

CIMG0311_20190717022849b45.jpg

CIMG0314_20190717022851704.jpg

CIMG0315_2019071702285283f.jpg

CIMG0316_201907170228544e7.jpg

CIMG0317_201907170228559b1.jpg

CIMG0318_20190717022857c33.jpg

CIMG0319_20190717022858778.jpg

CIMG0320_20190717022900acd.jpg

フライトユニットとペーネロペー

CIMG0321_201907170229018cf.jpg

Ξガンダムとペーネロペー

CIMG0322_20190717022903bdd.jpg

Ξガンダム

CIMG0327_20190717022904ff8.jpg

CIMG0328_20190717022906df6.jpg



senko.jpg




感想など

閃光のハサウェイ劇場公開を機にとうとう「HGUC ペーネロペー」が発売されますね!
その前に、初立体化のGUNDAM FIX FIGURATION #0025 Ξガンダム/ペーネロペー を撮ってみました。
購入は14年も前になるんですね。
発売当時に、2個買いした思い出。
コンパチモデルなのでΞガンダムとペーネロペーに出来るのですが、いちいち換装しているとかなり面倒くさいです。
このモデルはΞガンダムとペーネロペーで飾りたくて2個買いした人は多いんじゃないでしょうかね?
パーツの組み付けなのですが、Ξガンダム/ペーネロペー 共に、外装の装備品はかなりポロポロとすぐに取れてしまいます。
換装することもないので、すぐに取れて落ちるパーツは接着剤で固定しています。
可動部分は、各所がちょっと動かすと当たるのでポージングなんてほぼ出来ません。
ほんの少しだけ可動部分があるフィギュアと言う感じですね。
脚の付け根もガンプラのような作りではないので太もも部分の可動範囲も非常に狭いです。
その代りディティールは良いと思いますが、いろいろと塗装のはみ出し等が目立ちます。
パーツも 組み付けてみるとセンターが出ていなかったり歪んでいたりと
まぁ、こういうのは気にしちゃいけない!
Ξガンダムとペーネロペーが立体化されたと言うだけで当時はかなり有難かったです。
台座なのですが、ペーネロペーの場合は台座の棒からポロッと落ちそうになるのでアクションベース2を取り付け出来るように加工しました。
フライトユニットの台座を見れば分かる通り、14年も前だと本体の黄ばみは無いのですが、台座は黄ばんでしまいました。
当時、美少女フィギュアの収集趣味なんてなかったのでケースに入れる概念も無く、それ相応の丁寧な扱い方をしていませんでした。

HGUC ペーネロペー」 腕周りがいろいろとぶつかるデザインをどうやってうまく可動する作りにしているのか楽しみです。
「閃光のハサウェイ」の小説発売(1989年から1990年全3巻)から映像化までかなりの年月が経っていますが、楽しみにされている方はかなり多いんじゃないでしょうか。
劇場で見れる日が楽しみです٩(ˊωˋ*)

今回のお気に入り

CIMG0227_2019071702254851b.jpg

CIMG0294_20190717022843911.jpg




以上、
「閃光のハサウェイ」GUNDAM FIX FIGURATION #0025 ペーネロペー 撮ってみた。(フィギュアレビュー)
でした。

その他 フィギュア等撮影したのはこちらのカテゴリーにまとめてあります。

ホビー(フィギュア等)



スポンサーサイト



Share

Comments 4

There are no comments yet.

アディ  

閃光のハサウェイはリアルタイムで読んでて、バットエンディング的なラストに受けた衝撃が今でも忘れられません(笑)
映画化にあたってそのままのシナリオでいくんですかね〜(^_^;)
メカ的には、映像化されたUCで唐突にグスタフ・カールが登場し、実は96年頃から運用されていたとかいう後付設定もあって、もしかして閃ハサもやる気か!?と思った記憶があります
クスィーも、UNDAM FIX FIGURATIONでのカトキリファインでなんとかνガンダムとの繋がりがあるデザインになりましたが、ユニコーン系との繋がりや差異がどう描かれるかが楽しみですし、ドーガ系のメッサーも気になります(^^)

2019/07/22 (Mon) 20:10 | EDIT | REPLY |   

華見団子  

To アディさん

同じくあの結末は忘れられません。
GUNDAMの場合、小説版とアニメは結構変えてしまう所が多いですしね
もしかしてあのエンドでは無いかもしれませんけど、ようやく映像化される作品ですし楽しみですね。
GUNDAM NTはご覧になりましたか?
閃光のハサウェイは、もしかするとその流れをうまく使うのかもしれません。

2019/07/22 (Mon) 22:51 | EDIT | REPLY |   

アディ  

NTも観ております(^^)
UCからの福井シナリオの流れで、ニュータイプ≒オカルトとなってしまった事に否定的な意見も少なくありませんが、富野ファースト世代としてもああいう着地点になるのはアリだと思います
それよりネオジオングがもう1機あるのが、単純に違和感がありました(笑)
閃ハサもニュータイプの新解釈という視点を継続するのなら、少しは光が見られるシナリオとなるかもしれませんし、メカ的にはF91(サナリィ)に繋がる何かも、UCのロト以外に出て欲しい気もします
さらにNHKでORIGINが放映されて、その流れでORIGINの新作が進むことも期待しています(^^)

2019/07/23 (Tue) 12:08 | EDIT | REPLY |   

華見団子  

To アディさん

GUNDAM
実はかなりお好きだったんですね!
閃光のハサウェイで、F91の物語に繋がるシーンなんか新規に加わるとたしかに面白そうですね!
ORIGINの原作は読んでいないのですが、原作だと「VI 誕生 赤い彗星」の続きがあるんですね
ちょっと原作読んできます!

2019/07/24 (Wed) 23:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply